« つぎの波もしくは便箋一枚 | トップページ | すれ違いざまに桜と入れ替わる »

2014年5月 2日 (金)

フェニックス川柳会合同句集  第三号

瀬戸市は、丸山進さんの教室で年1回発行されている句集。

句会で顔を合わせる方もちらほら。とにかく皆さん、川柳を楽しんでいらっしゃる。
一年の句から、10句を選んで残していく・・・大事なことだなあと思う。
 
    ぼたん付け出来ぬ女の付けまつ毛     田地尚子
    窓見てた小さな空が映ってた       稲垣康江
    雪の下紅く咲くのはどんな傷       坂下昭子
    Yシャツを表千家で干してみる      安井紀代子
    雪道も寒くはないね傘一つ        荒井義機
    道祖神モナリザよりも謎の笑み      水谷克行
    よくかんで素直になった餅を飲む     深谷江利子
    目に見えぬ時が体を支配する       高橋ひろこ
    ハグしたい気持ちが萎えて案山子です   太田昌宏
    信号待ち花壇の草を五本抜く       高田桂子
    何となく添えてもらった手の温さ     松長  進
    たい焼きを今日はしっぽから食べる    神谷君子
    丹田にちからをこめる前の技       安藤なみ
    幸せのふちを歩いて来たたまご      平子久仁子
    小雪舞う畑の大根色気出す        岩佐正彦
    この顔を支え続けてくれる首       三好光明
    落ちるなら底なし沼と決めている     北原 修
    聞こえます私を閉じている音が      丸山 進

« つぎの波もしくは便箋一枚 | トップページ | すれ違いざまに桜と入れ替わる »

コメント

桐子さん、こんばんは
早速「フェニックス合同句集」をアップしていただき、
ありがとうございます、大感謝です。

第1号の時には、桐子さんのコメントを進さんへ「お手紙で・・・」
今でも、大切にとってあります。(コピーですが)

桐子さんの「くらげのあぶく」にはいつも元気をいただいています。

光明さん、こんばんは。
いただいた日の新幹線で、チェックしながら帰ったのですが、
夕べ見て、句を変えた方も何人かありました。
年々、選が難しくなります。
こちらこそ、フェニックス句集からパワーをいただいています!
ありがとうございました。

フェニックス句集第3号、見ていただきましてありがとうございます。
各人の10句の中から1句、ピックアプして紹介していただき光栄です。
先日の朝日中部川柳大会では数人の方にこの句集をお配りしましたが、みなさんコメントを下さいました。嬉しいですね。
また川柳でおいしいビール、飲みましょう(^_^)v

おさ虫さん
全体に明るい句が多くて、フェニックスカラーを感じました。
それぞれの個性も際立ってきて、一年後がまたたのしみです。
ビールは、もう、いつでもOKです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つぎの波もしくは便箋一枚 | トップページ | すれ違いざまに桜と入れ替わる »

無料ブログはココログ