« もう何もこわくないからはしゃげない | トップページ | 夕暮れを逆撫でている平井堅 »

2014年6月15日 (日)

整然と並ぶ銃弾になって

ねじまき句会だった。

今回から、雑詠は事前に選句一覧が流れて、選をしてのぞむことになった。一長一短はあると思うが、より深い意見交換ができたと思う。特に、入選にできなかった理由が分かりやすかった。
それにしても、これがベストではない…と迷って出した言葉は、必ず指摘される。あ〜、やっぱりそこ突くのね、イテテテテと痛気持ちいい。

タイトル句は、題詠「然」に出さなかった句。自分で言うのもなんだが、仕立てに既視感があって、ビシッと定型にまとめたかったのだけど、時間切れだった。
選をしていると、自分が選において何を重視しているかもよく見える。私は、以前より定型を重んじている。散文調の句を目にすることが増えたからかもしれない。

帰りの電車で、梅田から見覚えのある男性が乗ってきた。どこで会う人なのか思い出せない。…どこかのお店の人だ。笑顔で説明する人だ。「…これで間違いないですか?」と言う。そこまで思い出せるのに、分からない。気持ち悪い。
説明するのだから、電気店?…違う。薬屋?…違う。手には職業が現れやすいので、手を見る。フツーの手だ。何となく、食べ物関係ではなさそう。どこかに胼胝とか、爪に汚れなどないか見る…(探偵か!)。手がかりなし。気持ち悪い。
降りる駅が迫って来た。電車の窓に映った男性をもう一度見た。!!!チケット屋さん!ガラス越しに見て、やっとお店にいる姿が分かった。あ〜、すっきりした。

« もう何もこわくないからはしゃげない | トップページ | 夕暮れを逆撫でている平井堅 »

コメント

ねじまき句会、お疲れ様でした。珍しく早々に引き揚げられましたね。みんなが「きっと父の日」だわと噂してましたが、当たってましたか?(^O^)

はずれ〜!
おじいちゃんには、明日来れないからね〜と、
土曜日にユニクロのステテコを贈ってきました。

新大阪まで我慢して帰ったのですが、
あまりにノドが乾いてエキナカ酒場で、ほろ酔いセットで飲んでしまいました。
あれはうまいことなっていて、ちょっとビールが余るんですよ。
で、肴を頼むでしょ。そしたら今度はビールが足りなくなる。
まあそんなこんなを、何度か繰り返しましてですね(笑)
あわてて帰って、仕事しました。
ねじまきでねじを巻かれたおかげで、さくさく捗りました!

おさむさん、また大阪弁をホームで捕まえてくださいね。
おつかれさまでした!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もう何もこわくないからはしゃげない | トップページ | 夕暮れを逆撫でている平井堅 »

無料ブログはココログ