« 死後という時間シーツに白いしわ | トップページ | 整然と並ぶ銃弾になって »

2014年6月12日 (木)

もう何もこわくないからはしゃげない

99+1 海文堂生誕100年まつりへ。ほんとなら、今年100周年を迎えるはずだったから、99+1。

海文堂書店がなくなってから、めっきり本を買わない。図書館のヘビーユーザーになった。最終日に福岡店長は、「町の本屋で本を買ってください。」と挨拶された。応援しないとな・・・とは思うものの、私の欲しい本はたいていなくて、あ〜海文堂なら絶対あったはず…と思うことが度重なって足が向かなくなった。
まつりの後は、たいてい寂しいものだけど、海文堂まつりは違った。
海文堂をあいした大勢の人が、息を吹き込んでのプラス1。もしやこのままゴースト書店として生き延びる・・・? おもしろそう…ゴーストでもゾンビでも(笑)、もうこわいもんなしやから何でもできそう。

« 死後という時間シーツに白いしわ | トップページ | 整然と並ぶ銃弾になって »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 死後という時間シーツに白いしわ | トップページ | 整然と並ぶ銃弾になって »

無料ブログはココログ