« かなしみはうすく広げているシーツ | トップページ | もう何もこわくないからはしゃげない »

2014年6月10日 (火)

死後という時間シーツに白いしわ

「M田が危篤や…」、夫は東京へすっ飛んだ。

かつて花園への出場を果たしたチームメイトが、ベットを囲み円陣を組む。北は北海道、南(?)はマダガスカルから56時間かけて駆けつけたという。
彼らの友情は、愛とは次元が違う。
ホモソーシャルな関係とホモセクシャルな関係は、重なりあっているようで別ものだ。男の友情は、強固で揺るぎない。一人ひとりが、友情という大屋根を支える柱。地震のときには、石の上を歩くと言われている法隆寺の柱みたいなもの。支えつつ、屋根の重さで立っている。
女の友情もあるが、こちらは1対1であることが多い。「親友」ってやつ。男の友情に比べて同性愛に近い分、壊れることもままある。

« かなしみはうすく広げているシーツ | トップページ | もう何もこわくないからはしゃげない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かなしみはうすく広げているシーツ | トップページ | もう何もこわくないからはしゃげない »

無料ブログはココログ