« 散歩会@藤森神社 | トップページ | 川柳百物語−8話    紫陽花へ向く六月の頭蓋骨 »

2014年7月 4日 (金)

うつる

娘は職場で、「**の在庫みてください」に、「**あります!」と答えるとき、オボカタさんがよぎるそうだ。
私は、関西スーパーで「袋をご用意してよろしいですか?」に、「袋はあります」と答えるときよぎると言ったら、「桐ちゃんのそれは妙に似てるから、レジの人もよぎってる」と言われた。
映像の刷り込みは大したもんだ。何度も見聞きするうちに、からだが覚えちゃうんだ。
そしたら何だね、あの例の、ののちゃん県議、何度も見たら・・・、
「川柳ウアアア〜、誰ガデ、誰ガヨンデモ、オンナジオンナジヤオモデエ〜〜。命ガケデエエェエエェイ、中7ウオオオオ・・・ウッッ・・・ガエダイ・・・」。こんなことになるかな。

« 散歩会@藤森神社 | トップページ | 川柳百物語−8話    紫陽花へ向く六月の頭蓋骨 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 散歩会@藤森神社 | トップページ | 川柳百物語−8話    紫陽花へ向く六月の頭蓋骨 »

無料ブログはココログ