« 父がよく見える間接照明で | トップページ | ゆうべのお酒 »

2014年8月22日 (金)

芙蓉来て空気を薄くして帰る

つづきの会、雑詠に提出。

互選のとき、「『夜行バスたましいうすくして帰る』(表記不明)という、清水かおりさんの句があって、この句はとれませんでした」と言われた方があった。
その句は、知らなかった。知っていたらとれないな、と納得した。

選における「既視感」は、言葉やイメージが独自のものであればあるほど、それを越えなければ評価できない。慣用句に近い方が、許容できたりする。

« 父がよく見える間接照明で | トップページ | ゆうべのお酒 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 父がよく見える間接照明で | トップページ | ゆうべのお酒 »

無料ブログはココログ