« 阪神・淡路大震災二十年 川柳に寄せて | トップページ | 散歩会@与謝野晶子文芸館、アルフォンス・ミュシャ館 »

2014年11月 5日 (水)

健康診断

どうせ毎日飲酒してるんだから、下手な小細工みたいなことは止めて、さっさと受診することに。

ドーナツ屋の店員さんみたいな元気溌剌の看護師さんに呼ばれ、まずは身長。7ミリ伸びている。太って足の裏が厚くなった? つづいて体重。「1kg引きますね」「はい、1kg引きますよ〜」。なぜか二度も繰り返す。○○、6kg(非公表)。「○○、5キロ」とニッコリ。1kgと、あと1gおまけしときましたよ的笑顔。ちりめんじゃこやのおばさんが、秤から袋をおろして、ひとつまみのじゃこをおまけする感じ。
とんとんと、血圧、採血へ。「この検診は基本的な検査項目だけですが、他に調べたい項目はありませんか?」「いえ、特には・・・」「肝炎が1,000円ですけど、肝臓とかは大丈夫ですか?」。…「お客さま、ごいっしょにサイドメニューはいかがですか?ただ今チキンナゲットが1個増量中です」みたいだ。肝炎キャンペーンか?なかなかのセールストークに、「じゃあ、ひとつお願いします」と言いそうになる。
最後に、腹囲測定。カーテンで閉じられた空間で、腹囲をささやくように告げられる。「裏メニューで、脂肪吸引ありますけど・・・今なら・・・」、なんて勧められやしないかと緊張する。健康診断、疲れた……。

« 阪神・淡路大震災二十年 川柳に寄せて | トップページ | 散歩会@与謝野晶子文芸館、アルフォンス・ミュシャ館 »

コメント

え~いつ行った?私は昨日。
毎年案内がきっちり来るし、行かなかったら(仕事上必要な項目だけ受けたこともあり)
健保からまた来るし。有り難いけど、出来たら行きたくないわ。

そこ、おもしろいやん。いや、桐子ちゃんの解釈がおもしろいんかな。

一応全て終わって後はドクターの診察を残すのみ。
緊張しながら入ったら、昔保健室にいた先生みたいな、
若いふっくらしたドクターでした。緊張和らぎます。
最後の最後に腹囲。やっぱりはかるんですか・・・。
身長縮み体重増えておりました・・・・。体重は問題やわ。
体脂肪はまあまあ。まあまあ・・・ってどういうことやねん・・やけど。

私も昨日だよ〜。
それで、後日検査結果聞きがてら、診察。
腹囲ね、ヒートテックの上から、人差し指で
いきなりおへそをきゅっと押された。
計測位置の確認なんだろうけど、
何も言わずに、いきなりだよ。びっくりしたわ。
それで、ひそひそ声で「○○、2センチ」って。
ふしぎちゃんの看護師さんでした。
ついでに、受付はえらくポンコツな人で、
大丈夫かいな?って人でした。

なにごともないといいね。

え^^^ポンコツってどういう人なんか^^^って思ったり。

私が行ったところは、「お客様」よ~。
次々に検査に行くでしょう。
案内する看護師さんもその時々で変わるんだけど、何回か言われた。
「ようこそお越しくださいました」って。
健診専門のとこだね。

受付さん、名前を確認しないで、処方箋を渡し間違えたりしてたよ。
私は、保険証とか返してもらうだけだったのに、ちっとも呼ばれないの。
そのうち、「この人は〜?」って、パソコンに入力してる人に聞いてはった。
取り扱いがわからなくて、後回しにされたみたい。

今日、ジムでは、おばちゃんたちの皮膚科情報おもしろかったよ。
U皮膚科「3時間待ちの5分診療やから、行く時は編み物持って行かなあかん」「先生イケメンやろ」「私はタイプちゃう、ピアスがイヤ」
F皮膚科、「あかん」「あかんな」。O皮膚科「あそこも、あかん」「あかん、あかん」
伊丹はいい皮膚科がないそうです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 阪神・淡路大震災二十年 川柳に寄せて | トップページ | 散歩会@与謝野晶子文芸館、アルフォンス・ミュシャ館 »

無料ブログはココログ