« 浜昼顔 待っていてくれたのは耳 | トップページ | ねじまき句会 »

2014年11月15日 (土)

膝上の高さに夜を組み立てる

今月は、後半のスケジューリングを完全に失敗。きつきつ〜。とにかく20日まで、フル稼働。で、こんなときに限ってブログなんぞ更新。頭皮じゃなくて、逃避。…近ごろ、誤字多し。こそっとご指摘ありがとうございます。

今夜は、ハイバイ「霊感少女ヒドミ」へ。ことばを変なところで切ったり、伸ばしたりするナレーションがおもしろかった。それについて岩井さんは、「言語を解体することで、聞き手のイメージを広げる」と、言っていた。
なるほどね。川柳で、解体に成功した句と言えば…。

 ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ   なかはられいこ

 「あなったて素ね」「そう わたしラが好きよ」  丸山進

私の前の席は素敵なゲイカップルで、女性ぽい方の人が何度か目薬を注した。左手の薬指と小指が、愛らしいちいさな生き物みたいにときどき闇から出てきた。

« 浜昼顔 待っていてくれたのは耳 | トップページ | ねじまき句会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浜昼顔 待っていてくれたのは耳 | トップページ | ねじまき句会 »

無料ブログはココログ