« クロストーク短歌「虚構の楽しさ、虚構の怖さ」 | トップページ | じいさんはひらたくねむる干瓢巻き »

2014年12月13日 (土)

カンタンに落ちるプッチンプリンより

鴻上尚史「八月の犬は二度吠える」の主人公は、病状が悪化してからはプッチンプリンしか口にできなくなった。プッチンプリンがきれいに落ちると少し気が晴れて、崩れるとかなしい…。あの無邪気な食べ物を、祈るように摂る人がいるのだ。

柳本々々さんが、掲句を読んでくださいました。いつもながら、句へのアプローチが新鮮!

« クロストーク短歌「虚構の楽しさ、虚構の怖さ」 | トップページ | じいさんはひらたくねむる干瓢巻き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クロストーク短歌「虚構の楽しさ、虚構の怖さ」 | トップページ | じいさんはひらたくねむる干瓢巻き »

無料ブログはココログ