« さりげなく君の傷んでゆくレタス | トップページ | 止まらない咳へ切手を舐めてみる »

2015年2月19日 (木)

常温に戻すと細い肩だった

一枚の葉にとらわれては木は見えん。
一本の樹にとらわれては森は見えん。
どこにも心を留めず、見るともなく全体を見る。
それがどうやら「見る」ということだ。 (バガボンド 沢庵)

バガボンド37巻、とっくに読んでしまったのだけど…。
登場人物の男性は脇役も含め、一人ひとりの生い立ち、人生が丁寧に書かれているのに、女性のそれは薄い。スラムダンクの晴子ちゃんもだったけど、武蔵が心を寄せるおつうさんも、アウトサイダーを無条件に受け止める聖母のような存在。ほわわんとした美人で、しかもセクシー。これは井上雄彦さんの好みなのか、「モーニング」連載だし、やっぱり世の男性の理想?しかも、母になると最強(笑)

« さりげなく君の傷んでゆくレタス | トップページ | 止まらない咳へ切手を舐めてみる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さりげなく君の傷んでゆくレタス | トップページ | 止まらない咳へ切手を舐めてみる »

無料ブログはココログ