« なんでもないようなことが… | トップページ | ホームにて »

2015年2月 5日 (木)

散歩会@嵐山界隈

電車に乗ってすぐ、携帯電話を忘れたことに気づく。散歩会のあと、娘と待ち合わせて父の病院へ行く約束。娘が予定通り来れなかったら、どうしよう…と気がかり。
桂駅で、嵐山線に乗り換え。いっしょに降りた人たちについて、向かいのホームの電車に乗る。京極?西院?…ん?大宮!間違っとる!もう一度、桂に戻ってやり直し。
嵐山集合に15分遅刻。今は〜もう立春…だれもいない駅〜。皆の衆いずこへ?こんな日に携帯がない。合流できなかったら散策して帰ろうと、とりあえず渡月橋へ。
何やら書きながら歩いている人を発見!吟行スケジュールを確認したものの、気持ちは大きく出遅れている。
携帯がないと時間も分からず終始おろおろしたまま、いつもと違う書き方になった。

  小鳥来る京都府右京警察署

  橋のまん中で私が流れだす

  はだけちゃいました 山茶花なんだもん

  カックンと折れるともうひとつの空

  モラハラとかメンヘラとか手ごねハンバーグ

  はじめてのことば発するように梅

  新品の鉄の匂いのする二月

« なんでもないようなことが… | トップページ | ホームにて »

コメント

散歩会お疲れ様でした。
集合時間への遅刻が、乗り換え電車の間違えだったとは。噴出してしまいました。ゴメン。
話は全然違うけれど、それで思い出した事があります。昔名古屋の句会の懇親宴で石森騎久夫さんに、「五年間いた○○結社を離れようと思うのですが」とお話しましたら、自分の路線が間違いだと気付いたら勇気を持って乗り換えなさい」とアドバイスされました。ナンのコッチャ。でも、
もう亡くなりましたが石森騎久夫さんには色々教えて頂きました。

散歩会・洋子の部屋も早速アップしました。
ついでにエッセイの方も覗いてくださいね。

桐子さん
そうでしたか(笑)
確かに桂での嵐山線の1番ホームはわかりにくかったです。
僕もまちがって違う階段を下りましたから。

久しぶりの外での吟行でした。
それもどこを歩いてもいいことにちょっと最初はとまどいました。
それにしてもほとんどが外国人、そして学生さんでしたね。
天気がよかったのですっかり春を感じてしまいました。
2月ですが、テーマは「春」でした。

洋子さん
おはようございます。

洋子の部屋のエッセイ読みました。
 死ぬときはびわこになると思います 洋子
川柳は読むだけの娘が、発表誌をみたとき、
一度でも琵琶湖を見て、何か感じたことのある人じゃないと
詠めないだろうね…と言ってました。
すっと出て来るものは、真実を含んでいるのでしょう。
その力を感じます。

洋子さんも、川柳に迷われたことがあるのですね…。
川柳は、いつ誰に出会うかも大きいかもしれませんね。
結社やグループに所属しない人も増えてきた今、
ネットじゃなくて、リアルで、いつでも、だれでもどうぞの
散歩会のような場は、ますます大事だと思います。

政二さん

「春」でしたか…。
やっぱり、忘れ物とか遅刻とか失敗しちゃダメですね。
春を感じる余裕がありませんでした。(メンタルが弱い?)
句にはできませんでしたが、川音はよかったです。
今おもえば、早春を歌っていました。

にせものの舞子はんや、自撮り棒で撮影する人、おかしくなかったですか?
句箋に書きながら歩いてる人も十分ヘンかもしれませんが。
自撮り棒って、なんか今を象徴してる気がした散歩会でした(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なんでもないようなことが… | トップページ | ホームにて »

無料ブログはココログ