« 風よ | トップページ | 散歩会@チューリヒ美術館展 »

2015年4月28日 (火)

月明かりたるませている象の肌

ねじまき句会題詠「肌」

象の肌のテクスチャーを詠みたかったのだけど、象が好きすぎて(?)考えれば考えるほど心象へ引っ張られた。

ときどき象に会いたくなる。象の眼はこころが通いそうで、いつも落ち着かない。

  灰色の象のかたちを見にゆかん  津沢マサ子

« 風よ | トップページ | 散歩会@チューリヒ美術館展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 風よ | トップページ | 散歩会@チューリヒ美術館展 »

無料ブログはココログ