« 言葉と | トップページ | 記憶 »

2015年6月15日 (月)

二三本余った指で触れている

よくない報せや突然のお別れの合間に、たのしいイベント、初体験もあり、気持ちが忙しなかった。笑うたびに、すうすうするような…そんな感じがつづいている。

山頂のお寺には、撫でるとしあわせになれるという、大きな蛙さま。手のひらをすべらせると、なまあたたかくて、ざらざらで…しあわせの手触りを思う。
「市民の木」に認定されたヤマボウシは、七分咲きくらいだろうか。結界のむこうに白く浮いていた。「このヤマボウシは、兵庫県で二番目に大きく、樹形は一番美しい木です」と説明書きがある。県内のどこかで咲いている、大きさだけが一番のヤマボウシを思う。

今日は、大きいだけのヤマボウシみたいにぽかんと浮いている。

« 言葉と | トップページ | 記憶 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 言葉と | トップページ | 記憶 »

無料ブログはココログ