« 休憩 | トップページ | THANATOS 石部明 »

2015年9月13日 (日)

孤独ばっか光らせて、自販機かよ

川柳カード大会兼題「力」。

今回の大会へは、書き方の冒険がテーマだった。読点、括弧、言葉の分断、独白的反復…成功しなかったものの方が多かったけれど、作句はたのしかった。そういう気を起こさせてくれる、大会だったと思う。

第1部、柳本々々さんのお話からは、印象的なフレーズがぽんぽん飛び出す。
「短歌は顔つきが出てくるが、川柳は覆面レスラー」。川柳は、「さよならの文芸」「死の文芸」。「川柳の健やかな不健全さが勇気をくれる」・・・などなど。
そして、々々さんの川柳の読みが新鮮だった。鑑賞にとどまらず、句の構造やことばの働き、時代や社会との関係性などから読み解かれる。一句は、決して作者の力だけで生まれるのではないのだ。

川柳はしぶとく生き残る・・・そんなことを感じた大会だった。ちなみに、初参加の20代もたのしかったそうだ。

« 休憩 | トップページ | THANATOS 石部明 »

コメント

土曜日はありがとうございました。まさか隣にいた人が八上さんだったとは。苗字も名前も嘘(←違いましたっけ?)っていうのが驚きでした。『ねじまき #1』では「リカちゃん」と「由良川」が気になりました。言い遺すって。

https://www.facebook.com/uwai.tomato/posts/582084068567844

こちらこそ、ありがとうございました。
奈良から来られて、句は出さない。
「こんなとこだとは思わなかった」…って、何をどう間違えた方なのか?と
となりで少々心配しておりました。
そうそう雅号(ペンネーム)なんですよ。わざわざつけた割に桐子かよ、でしょ。
本名はもっと地味なんですよ。80は越えないとしっくり来ない感じで(笑)

ねじまきを丁寧にお読みいただいて、感激です。
由良川の句に立ち止まっていただいて、うれしいです。

せっかくだから、次はとまとさんも句を出してくださいね。
もっとたのしめますよ。ぜひまたどこかで!

心配されていたとは。。。土曜日は柳本さんが登壇するので覗きに行ったんですが、川柳カードっていう新しい遊びで、それをみんなで見るのかな、と。本気の大会でしたね。

川柳は(川柳に限らずですが)なるべく傍観者で居たいので作りたくないのですが、くんじろうさんの処に遊びに行く予定なので作らざるを得ないのか、でも、ん~~~て感じです。また何処かでお会いしましょう!!

川柳カードバトル(笑)おもしろすぎ!

くんじろうさんとこへ行かれるのですね。
いきなり、いちばん濃いとこ(笑)
…クセになりますように!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 休憩 | トップページ | THANATOS 石部明 »

無料ブログはココログ