« おとうとはとうとう夜の大きさに | トップページ | まだ濡れているから生まれたての虹 »

2015年10月 6日 (火)

散歩会@島津製作所 創業記念資料館

レントゲン装置や蓄電池をはじめ、理化学や医療、分析・計測…など多岐にわたる発明品の数々が展示されている。明治から昭和初期の機器や装置の、フォルムうつくしさに目を奪われる。

 どことなく酸っぱい秋の入口は

 みずうみになろうなろうと窓ガラス

 レントゲンに桔梗の尾骨大腿骨

 眠薬の溶けてしばらく幻灯機

 動かなくなって歯車うつくしい

 電気卵に兵士産ませよ

« おとうとはとうとう夜の大きさに | トップページ | まだ濡れているから生まれたての虹 »

コメント

桐子さん
お疲れさまでした。

すべて理由があるかたち。
無駄を感じさせないかたち。
その美しさをなんとかと思いましたが
だめでした。難しかったです。
これも勉強ですね。

政二さん

おはようございます。

私も、あのかたちを言い留めたいと思いましたがダメでした。
すっと言えないものが残るのも、それもまたいいですね。

先日、古いグラフィックを観ましたが、
欧米のは、いい意味で崩れていたり、抜けていたりしますが
日本のデザインは隙がないですね。
機器や装置にも、通じる美意識を感じました。

それにしても、毎月、毎月、変化に富む散歩会の準備…
ほんとうにありがたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おとうとはとうとう夜の大きさに | トップページ | まだ濡れているから生まれたての虹 »

無料ブログはココログ