« 運も才能サクマ式ドロップス | トップページ | 食卓を流れる日本語の字幕 »

2015年11月19日 (木)

炭酸の弾ける音を買って帰る

半月ほど前、美容院に行った時のこと。

案内された椅子のとなりの先客は、カウンセリングが始まったところだった。若い男性スタッフが、「今日はどのようにいたしましょう」と尋ねる。「カノーミカにして」「…カノーミカ……(約2秒)はい、はい、叶姉妹の美香さん!」。思わず、鏡越しに顔をチラ見。推定60代後半。つけまつげもバッチリ、ロングヘアーの微・美魔女。出来上がりをイメージする。あ〜、あり、でしょう。
それより、次は私。「じゃ、恭子で」。いやいや、毛量も長さも足りない。首から下の出っ張りもくびれもほど遠い。ムリだ。しかし、こうしたサービス業には、ややこしい客のつづく法則というものがある。それをなにしちゃいかんでしょ。どうしよう・・。首にタオルを巻かれ、クロスを巻かれ・・・。ついに来た。「本日は、いかがいたしましょうか?」「あ、久美子社長で」「久美子社長?」「はい、大塚家具の」「ああー!えぇ〜、どんなんでしたっけ〜」と、スマホを持って来てぐぐる。「あ〜、あまり長さ変えない感じですね」「はい」「前髪は伸ばしていかれるんですか?」「いえ、切ります」。(じゃあ全体にそろえる程度って言えよ)という、心の声が聞こえる。
チャカチャカッとカットされ、いつもの髪型に仕上がった。美香さんは、まだパーマの途中で残念ながら仕上がりを見ることはできなかった。
美容院Eの業務日誌には、珍オーダーの日として記録されたことだろう。

数日前、駅前で偶然美香さんを見かけた。美香さんは、美香さんヘアをキープしていた。
ジム帰りの久美子社長は無惨なパサパサで、気づかれることなくすれ違う。振り返ると、うしろ姿は女子大生。美香さん、やるなあ。

« 運も才能サクマ式ドロップス | トップページ | 食卓を流れる日本語の字幕 »

コメント

 私もね。娘の結婚式の時に、どのようにされますか?と、美容師さんに聞かれたので
「タレントのゆうさんみたく、おねがいします」と、言ったら、「結婚式で、ゆうさんみたく、といわれたのは、初めてです」といわれました。結局、カチカチにされたので、式に
出るまえに、クシャクシャにしてでました。桐子さんんの、久美子社長、楽しみです。

ゆうさん!さすが川柳人だわ。
私も今日結婚式。IKKOさんにしよかなー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 運も才能サクマ式ドロップス | トップページ | 食卓を流れる日本語の字幕 »

無料ブログはココログ