« 水槽を眺めるように見る手帳 | トップページ | ぎりぎりのきりんの舌の暗さだな »

2016年1月26日 (火)

補聴器と眼鏡はずしてからの息

更新してるし(笑)

やっとすこし慣れてきたかな…。昨秋から、神戸で川柳教室がはじまって、本日4回目。今日は、おつれあいを亡くされたばかりの方も出席された。体験で来られた方も、昨年末におつれあいを亡くされた方。川柳は、介護のために10年間休まれていたそうで、お嬢さんが「何かしなきゃダメ」と申し込んでくださったとか。句を通して、生、死が自然に語られる。

はじめての方がほとんどで、素朴な疑問に川柳観が揺るがされる。人生の大先輩としても、教えられることばかり。緊張のあまり、朝から電車を乗り過ごしてしまった。

« 水槽を眺めるように見る手帳 | トップページ | ぎりぎりのきりんの舌の暗さだな »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水槽を眺めるように見る手帳 | トップページ | ぎりぎりのきりんの舌の暗さだな »

無料ブログはココログ