« 丁稚羊羹ひとり夜の春めいて | トップページ | 散歩会@二条陣屋 »

2016年3月 2日 (水)

ひろくんのたましいかしらからすうり

Img_01

宝島社の広告。

驚いたのは、83歳のおつれあいをお風呂で亡くされた話を聞いたばかりだったから。
「こんなことを言うと誤解されるかもしれませんが、いや、うつくしかったですよ」と、その方はおっしゃった。そのとき私は、ミレーのオフィーリアを思い浮かべていた。
それから、生前、面識のなかったオフィーリアと一冊の本を通して出会うことができた。ふしぎなご縁を思う。

思い通りになった死も、そうでなかった死も、うけとめるしかない。おもいだす時間がとても足りない。

« 丁稚羊羹ひとり夜の春めいて | トップページ | 散歩会@二条陣屋 »

コメント

この広告は衝撃だったね。うつくしかった・・・よかった。

このところ神戸新聞を読めていなかったので、昨日図書館で確認。写真がらしくなっていてよかった♡

ファーストネームは本当に親近感湧くよね。私は出来るだけそう呼んでいるけど、私は周りからは年長者と思われているせいか呼ばれないタイプだね。フラダンス挑戦ですか。柔らかい雰囲気が似合いそう。

好きにさせてあげると言われても、大きなところは選べないからね。
そこは、神さまに任せるしかないんだけど、
準備やコントロールできることを知っておくのは、大事だよね。

私も、ファーストネームで呼ばれないタイプ。
川柳じゃなければ、そういう機会なかったかも。
最近、ダンス系の振り付けの覚えが悪くなって
毎週行けないと、ついていけない…。
できていたことが、できなくなったり…“兆し”を感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 丁稚羊羹ひとり夜の春めいて | トップページ | 散歩会@二条陣屋 »

無料ブログはココログ