« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月28日 (木)

雨の日の本屋さん

雨の日は、駅前に本屋さんが立つ。バックナンバーをお願いしたら、「じゃあ、次の雨の日」と言われ、きちんと持って来てくれた。
「ビッグイシュー」。以前から気になっていたが、ホームレスの人たちの自立を支援する雑誌ということくらいしか知らなかった。少し前のこと、「ビッグイシューと考える、社会と居場所」という集まりに参加した。
会場には、大学生も数名いた。事務局の問いかけに、どんどん発言して積極的に参加する。すばらしい!と感じたのは最初だけ、発言のたびに違和感がふくらむ。「どんな人がホームレスになると思いますか?」の問いには、真っ先に手を挙げ「向上心のない人です」と言い放った。事務局の人はどんな意見も、「いい意見ですね」と受け止める。学生は、ほんとうにいい意見だと思って、ますます張り切って発言するのだった。
実際、ホームレスになり、雑誌を販売している方も体験を語ってくださった。建設現場を転々と働いていたら、40半ばを過ぎたある日突然現場の仕事がなくなったのだと…。学生たちは、若いから仕方ないと言えばそうかもしれない。けれど自分たちとは無縁の、別世界の人の問題だと思っているようだった。自分たちの問題として考えるのではなく、社会問題として取り組む、“意識高い系”の学生らしかった。

先日は、ある講演会に参加した。講師は某大学の准教授。教授の専門分野の話は興味深かったのだが、なぜか後半は大衆論になり、明らかに大衆をバカにしていた。
今、あなたの話を聴いているのがその大衆で、大衆もバカにされていることが分からないほどバカじゃないのよ…と思いながら聴く。何となく、この前の学生の行く末を見る思いがした。

雨の日には、本屋さんが立つ。私の町の「ビッグイシュー」は、雨の匂いがする。

2016年4月27日 (水)

アイロンの匂い民生委員です

商店街のアーケードを出たところで、「すみません」と声をかけられた。

振り向くと笑顔の女性が、「家庭生活の運営についての講演会があるんですけど…」とおっしゃる。「いいです。すみません」と返しながら、三度目…と思った。
前回、前々回は、駅前。誰にでも声かけしている風ではない。何度も選ばれるのは、よほど家庭生活に問題を抱えている人に見えるのだろう(笑)いつもどんな顔して歩いているんだろ?そんなに、暗いですか?思い詰めたように見えますか?

2016年4月24日 (日)

消印の読めないはがき昼の月

ひとつの選を終えて、遠い旅先で朝を迎えたような、そんな気分。
目にとまった数々の風景、空気、声、味、手触り…。
名残惜しいような、でも HOMEもすこし気がかりで、忘れ物のないように帰り支度をする。

2016年4月22日 (金)

どくだみ咲いて揮発する白

あれれれれ、記事を書いたのに消えちゃった。

ほんとに揮発しちゃったみたい。

2016年4月20日 (水)

おととしのさくらのしたをたんすいぎょ

つづきの会「雑詠」。

さくらの時分には、さくらちゃんを必ず思い出す。去年、さくらちゃんは赤ちゃんみたいに泣いていた。さくらちゃん…、きっとしっかりやっていると思うけど…。さくらちゃん…。

2016年4月16日 (土)

川柳誌

母の住む佐賀県でも揺れが続いているらしい。地震は大丈夫だけど、喘息発作で病院にに来てると言っていた。心理的不安からじゃないかな?そんな人も大勢おられることだろう…。熊本の方々、近郊の方々のご無事を祈るばかり。とにかく、早くおさまってくれますように…。

昨日、午後のおでんやさんで、古い柳誌や句集を探すのに一苦労…という話になりました。
つい先日、教えていただいたのですが、「番傘」は大阪府立中之島図書館に、「川柳塔」は大阪市立図書館、「ふあうすと」は神戸市立中央図書館、「川柳研究」「新思潮」は国会図書館にあるそうです。「川柳展望」は、大阪市立図書館に13号から(何号までかは不明)あり、岡山吉備路文学館にも創刊号から70号まであるそうですがこちらは閲覧のみです。
それで、結社、グループの皆さまにお願いです。柳誌、句集をぜひ地元図書館にご寄贈ください。また、古い柳誌をお持ちの方も、処分されずに図書館へご寄贈ください。川柳史、柳人についての貴重な資料として、残していただきたいのです。よろしくお願いいたします。

2016年4月14日 (木)

あれ?

ジムのポルドブラ。
フィットネス用Tシャツは、着込んで行く。更衣室でパンツを取り出したら、Tシャツと同じ色だった。うすねずみ色の上下。パジャマか!とりに戻る時間はないので、覚悟を決める。
スタジオ入口で先生に、「すみません、パジャマみたいで…。うっかり上下おんなじ色でした…」と言ったら、大笑いで「あります、あります!カバンから出したら、信じられない組み合わせのとき!」…信じられない組み合わせなんや…やっぱり。

青と化粧品やさんへ。
またしても赤い口紅だって。美容部員さんに丁寧に塗ってもらう。「おかあさまもいかがですか?」「いいです。私が塗ったら、人食ったみたいになりますから」「そうですか…」…えっ??そんなことないですよ〜、じゃないの?

2016年4月13日 (水)

背表紙のほつれた詩集いとざくら

遠い友人から、夜桜の写真が送られてきた。
吸い込まれそうな、覆われるような…うつくしいって、こわい。

桜はどんな気持ちにも寄り添う…今年の桜に思ったこと。
うれしい知らせ、つらい知らせの届くたび、
桜はしずかに拍手し、またなぐさめてくれた。

2016年4月12日 (火)

電柱はただ電柱として立っている

京都番傘4月句会、宿題「プロ」。

昨日は、2年ぶりの京都番傘句会。席題選者を仰せつかったので、早めに京都へ向かう。
塚口駅へ着くと、なんと人身事故発生直後。タクシー乗り場はすでに長蛇の列。並んでいたら間に合いそうにない。意を決して、「阪急十三へ行かれる方はないでしょうか〜〜?」と声を張り上げる。列の先頭に立っていた女性が「じゅーそー」と、UFOみたいに手を挙げてくださる。お願いして相乗りさせていただくことに。私につづいて、「JR塚口へ…」「JR尼崎へ…」「阪神…」と、次々に相乗りメンバー決定。私、ちょっといいことした?
ほどなくタクシーが来た。「今日はどちらへ」と聞かれ、事情を話して聞き返すと、おつれあいがバイクの後ろから車に追突されて、数日間の意識不明からやっと意識が回復し、病院に向かうところだとか。後遺症のことを考えると不安で仕方ないけれど、今は少しでもよくなることだけを考えようと思う…とおっしゃる。被害者も加害者も、ほんとうに一瞬で人生が変わったんですよ…と。たしかに。そのことを思えば、電車が動かないくらい、たいしたアクシデントではない。
しかし、間に合うのだろうか?電車だと十三までは10分ほどなのに、なかなか着かない。「あと、何分くらいで着きますか?」「混んでなかったら20分かなあ?」…。もし遅れるとなったら、京番の方の連絡先を知らないのでどうしたらいいんだろう?と焦る。
渋滞箇所を抜けると、「ここ抜けたら大丈夫ですわ…」と、運転手さんは十三駅前の火事で焼け落ちた飲屋街の思い出話を語る。そこまあまあ私も知ってると思いながら、さすがにそんな気分でもなく聞き流す。ぎりぎりの時間に十三到着。
料金を支払い、「領収証は保険の請求に使ってください」と彼女に渡し、走る、走る俺たち、流れる汗もそのままに…と、階段を駆け下り、駆け上り・・・河原町行き特急!あ〜〜〜〜出た〜〜〜〜!落ち着け、落ち着け…まだサイアクじゃないと言い聞かせたのでありました。
なんとか間に合いました。皆さん、今日は寒い、寒いと仰っていたけど、汗だくでした。京番、なごやかな雰囲気で、気持ちが落ち着きました。ありがとうございました。

2016年4月10日 (日)

ピピピ

昨日は、洲本温泉へ。夫の母の後生の頼みで実現した温泉旅行。しかーし、彼女は目下空前の体温ブーム。体温計を離さず、ピピピ、ピピピ、36度5分、ピピピ、ピピピ36度7分(上がった、熱ちゃうか)ピピピ、ピピピ36度4分(下がった、背中が寒い)…と、噴火警戒中の火山なみに分刻みで体温計測。結局、大事をとるとかで温泉に入らなかった。ホワーイ?1週間ほど前から当日まで、行く、行かないと皆を振り回したり、これほどのかまってちゃんぶりは単にパーソナリティの問題だろうか?波音に混じる、体温計のピピピと、トンビのピーロロロロロー。曇天の沖には、グレイゾーンが広がっていた。

2016年4月 8日 (金)

(どや)

先日の句会で、括弧入りの句について意見が出た。括弧はなくてもいいんじゃないかという意見と、実験的な試みを評価したという意見があった。

括弧も含め記号入りの句は、そこに立ち止まってしまう。それだけに、ハードルが上がる。必然性がないと、かえってマイナス評価になる。
その日の句ではありませんが、郷ひろみのジャケットプレイ的記号は最もいただけません。

2016年4月 7日 (木)

修行

今日もまた、夫の母が強烈だった。このところ、なんかもう常に半ギレで、いつでもスイッチの入る上田馬之助状態。

青が言う。「おばあちゃんのことを誰かに話しても、相当盛ってると思われると思う。たぶん誰も信じてくれへん。かなりレアなキャラやから」
私では太刀打ちできないので、夫や父の出番となる。
青が言う。「桐ちゃん、お父さんにすぐパスするやん。お父さんは五郎丸やから、全部なぎ倒してゴールに持って行くやん。おばあちゃん悔しすぎて、桐ちゃんへのラフプレーすごい(笑)」
相撲部屋より、禅寺より、自衛隊より、鍛えられるわー。

2016年4月 5日 (火)

さくら

近所のさくらは、八分咲き。

某酒造メーカーの敷地内にならぶ桜は、大きな照明で女優さんみたいにライトアップされている。まぶしいだろうなあ。
さくらは、ぼんやり灯るように闇に浮くのがいいのに…。なんだかなあ…。
今年は、お花見の予定もなく。さくらの句もまだ詠んでいない。
さくらは、何にでもくっつけやすい。まずまずそれなりの句になってしまうのも、さくらの力…。 さくらさくらもっとひとりになれますか

2016年4月 4日 (月)

バイパスの長さの雨を使い切る

青は夕べから、忘れ物探しで電話かけまくり。松島、仙台駅、仙台空港、ANA、伊丹空港。どこに忘れたのか分からんのか〜い!って話ですが…。いちばん出てきてほしいのは、自宅の鍵につけているキーホルダーだとか。はじめて一人暮らしをするときに、私がプレゼントしたものらしい。
さっき「電話がかかってきた!」って叫んで出たら、松島の公園管理事務所の方からで、方々探したり尋ねたりしたけれどなかったという連絡。めちゃくちゃ親切やけど、期待した〜〜と倒れていた。

ところで皆さん、ご存知ですか?仙台空港の「また逢う日まで」。旅立つ人と、見送りの人がガラス越しに話せる電話。別れのそのわけを話して行け…じゃなくて、名残りを惜しむためのものであります。
話してみたい(子どもか)…受話器を持ち上げてみる。「見送りおらへんから」、すかさず青が突っ込む。すぐそこの、笹かまぼこ屋さんのお兄さんが目に入る。手招きをしかけた手を青が制して、「今、1人シフトやからムリ!」「だいたい何話すねん!」て。
なぜかむなしいだけ。なぜかさみしいだけ。…そのとき心は何かを話すのだろう…と思ったけどぐっと飲み込んだ。
どんな二人が、どんな会話をするか…昨日からそればかり考えている。

2016年4月 3日 (日)

白詰草ねむるのにお薬がいる

杜人句会宿題「草」。

牛タン定食で、ビールをいただいて句会場へ。
席題が、付け句。同行した青は、7・7句を詠んだことがなく、うろたえる(笑)

虹立ちて忽ち君の在るごとし   虚子

タイトルのない譜面いちまい  桐子
ぷしゅぷしゅ笑うつま先の先  青

句会の感想は杜人会報に書くことになったので、後ほど。
今日は、塩釜から遊覧船で松島へ。音声テープの案内に、細かく修正を入れるガイドさんがツボだった。「**島には、およそ400人住んでいます」「今は、260人ほどに減っていっちゃ」てな調子。仙台弁の「〜〜だっちゃ」かわいい。そういえば、ラムちゃんて地球に来たとき、最初仙台に着いたのか?そして「寿司幸」さんのお寿司、サイコーだった。またしても昼ビール!

Img_0441_2

2016年4月 1日 (金)

この春の

もう四月です。

「川柳スープレックス」さんに、作品を掲載いただきました。

あしたは、杜人句会、仙台へ。牛タン、牛タン…圧縮して弾む…いいぞ、牛タン。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

無料ブログはココログ