« 電柱はただ電柱として立っている | トップページ | あれ? »

2016年4月13日 (水)

背表紙のほつれた詩集いとざくら

遠い友人から、夜桜の写真が送られてきた。
吸い込まれそうな、覆われるような…うつくしいって、こわい。

桜はどんな気持ちにも寄り添う…今年の桜に思ったこと。
うれしい知らせ、つらい知らせの届くたび、
桜はしずかに拍手し、またなぐさめてくれた。

« 電柱はただ電柱として立っている | トップページ | あれ? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電柱はただ電柱として立っている | トップページ | あれ? »

無料ブログはココログ