« 「いつか」「また」船のペンキが剥げている | トップページ | 空蝉へ手当たり次第いいね!する »

2016年8月26日 (金)

岡崎京子展 戦場のガールズライフ

去年、東京へ行ったとき見逃した岡崎京子展が、伊丹に来てくれた!

岡崎京子は同年代。原画や原稿、雑誌などが時代背景とともに展示されていて、なつかしいばかり。
私は漫画禁止で育ったので、大人になってはじめて漫画を読んだとき、文字と絵を同時に見ることができなかった。文字を読んで、絵を見て、もう一度文字を読んで…、読むのにものすご〜〜〜く時間がかかって、すらすら読めるようになるのに数年かかった。
なので初期作品はリアルタイムでは読んでいない。最初が「ヘルタースケルター」、そこからさかのぼって読んだ。
展覧会では、知らなかった初期作品も読めた。踏切の手前で「カエルの歌」を歌うカップル…♩なんでもないようなことが〜、しあわせだったとおもう…、って歌があったけど、あ〜、しあわせ〜なんて感じさせないのがしあわせで、そこを切り取ってみせるって、やっぱりすごい。展示は、9月11日まで。

« 「いつか」「また」船のペンキが剥げている | トップページ | 空蝉へ手当たり次第いいね!する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「いつか」「また」船のペンキが剥げている | トップページ | 空蝉へ手当たり次第いいね!する »

無料ブログはココログ