« 声になる手前の笑い桑畑 | トップページ | 「いつか」「また」船のペンキが剥げている »

2016年8月18日 (木)

ことば

あゆみ先生のバレエストレッチ。 4つのグループに分けて、つま先から歩く練習。1グループずつ、先生が何か一つコメントしてやり直す。バレエは人に見られること、人を見ることも練習。2つめのグループに、先生がコメント。

「2グループさん、恥ずかしそうなの。恥ずかしさを中に押し込めないで、外に出して。恥ずかしくていいの。そのまま外に出して」
恥ずかしさを外に出す!?、なんてむずかしい…と思ったが、2グループさん激変。恥ずかしさが、明るさになった。ことばって、すごいと思った。

「この道、ぬけられます」。半紙に書いた。渡したい人がある。
「<この道、ぬけられます>の札は、人生には、たくさん、いろんな処に掛かっていると思えてならない」(「田辺聖子全集」23巻) 
田辺聖子さんのことばの力をお借りする。

« 声になる手前の笑い桑畑 | トップページ | 「いつか」「また」船のペンキが剥げている »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 声になる手前の笑い桑畑 | トップページ | 「いつか」「また」船のペンキが剥げている »

無料ブログはココログ