« しずかな人と | トップページ | だれ? »

2016年9月25日 (日)

重ねてみました 守宮のつめたさを

ねじまき句会、題詠「宮」。

「宮」は、広がりがないので難しい。「守宮」は、比較的料理しやすい。守宮だけは詠むまいと思っていたのに、他の出来がよくなかった。で、守宮は5、6匹出てくるだろうと覚悟して投句した。みんな同じことを考えて守宮を外したらしく、1匹きりだった。その場合、守宮だけはとりたくない!守宮はとらんぞ!と意識が働くようで、厳しい視線にさらされる守宮であった。投句一覧のいちばん端っこ、まるで窓に張りつくように守宮はいた。愛らしい指先で必死にとどまっていた。結果は、もうすぐ「月刊・ねじまき」にアップされる。

« しずかな人と | トップページ | だれ? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しずかな人と | トップページ | だれ? »

無料ブログはココログ