« いよいよ義姉の慈姑的語り口 | トップページ | ベランダの怪事件 »

2016年11月20日 (日)

のようなものが時間を流れてゆく

今朝、ゆずが私の腕から旅立ちました。昨日、危篤の報に予定をキャンセルして帰り、ひと晩ついてやれたし、奇跡的に家族みんなが揃った日でした。

庭の南東の隅っこのあじさいと、もう1本名前のわからない木を抜いて穴を掘り、さくらの葉っぱに包むようにして埋めてやり、柚子の木を植えました。柚子の黄葉が庭を照らしてくれています。
Img_0650

« いよいよ義姉の慈姑的語り口 | トップページ | ベランダの怪事件 »

コメント

そうやったん。寂しいね。
みんなで見送ることが出来てんね。

先日の講演会で、この方は亡くなられましたが、
その方の生きてきた証が受け継がれています・・・
という話を聴いたところです。
ゆずもそうなんやなぁって、1本の木を見ながら思いました。

ミホさん、ありがとう。
いや〜犬もね、別れには悔いがつきまといますね。
もっとああしてやればよかった、こうしてやればよかった…と。

証…そうやねえ。忘れることないしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いよいよ義姉の慈姑的語り口 | トップページ | ベランダの怪事件 »

無料ブログはココログ