« すでにもう雪の重みとなっている | トップページ | きのうより寒いステンレスのひかり »

2016年11月15日 (火)

破調

本日のつづきの会の宿題は、破調の句。

実は、近ごろ選句していて散文調の破調の句が多いのが気になっていた。私は、定型厳守派はでなく、自身の句も破調が多い方だ。直近で16句書いた作品も、うち7句が破調だった。
ところが、あえて破調を詠もうとすると、あれれれれ……安っぽい広告コピーや、自由律俳句の出来損ないみたいになる。あおに見せたら、「なんで、こんな下手になるん」と爆笑。とくに受けたのは、

  女の子を女の子にする風

  どうでもいい人がしあわせになっている

ならばいつも通り、破調を意識せず破調になればいいやと詠むと、きっちり定型になるふしぎ!なぜ私は、私を裏切るのか。
まあでも、皆さん、苦労なさった様子。…ふふふ、いま選句一覧をプリントアウトしたところ。いや、これはおもしろい。なぜ、破調なのか。破調であることを、どう評価するか。わくわく!!!

« すでにもう雪の重みとなっている | トップページ | きのうより寒いステンレスのひかり »

コメント

破調??
丸い玉悲しいほどの丸い玉   ・・これ破調??

破調は、五七五の調べを破っている句で、
17音字よりも多い=字余り、少ない=字足らず。
それから、全体では十七音字でも、
五七五ではなく、音節が他のところで切れる句です。
 丸い玉/悲しいほどの/丸い玉
五七五なので、定型ですね。
 息のかかって/かたむいてゆく船か  
これは破調。
 半透明のビニール/叔父の高知弁
これも破調。
なのに、破調の句と言われると、五七五になるのでした(笑)

ありがとうございます。
染まる染まるあなたへわたしが染まる  ・・これ破調?
ジャズの色気はブラックコーヒーだね  ・・これ破調?
これから、破調を気にせず川柳作ってみます。

染まる染まる/あなたへわたしが染まる  
6・11の破調です。
ジャズの色気は/ブラックコーヒーだね
7・10の破調です。

破調は破調の必然性が問われるので、
その分ハードルが上がります(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すでにもう雪の重みとなっている | トップページ | きのうより寒いステンレスのひかり »

無料ブログはココログ