« 名前のない会 | トップページ | 息のかかってかたむいてゆく船か »

2016年11月 3日 (木)

秋風

必要があって、人魚のお話を読んでいる。99%ふしあわせになるであろうしあわせがある。たった1%に賭けるからこそのしあわせだ。

写真のTさんは、見たこともない赤いネクタイでピシッとキメていた。結婚生活イコール妻の闘病と言ってもよかった。その妻を失くして数年後、再婚に向けて婚活用に撮影した写真だったそうだ。そう、あのころのTさんは、芯が抜けてしまったようにからから笑っていた。Tさんの中を、ずっと風が吹き抜けていたのだ。あのとき、1%のしあわせを誰に止められただろう。急な秋の風は、とりあえず手近のあたたかいものを摑ませる。出かける間際、バッグに放り込んだストールは毛玉だらけだった。

« 名前のない会 | トップページ | 息のかかってかたむいてゆく船か »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名前のない会 | トップページ | 息のかかってかたむいてゆく船か »

無料ブログはココログ