« のようなものが時間を流れてゆく | トップページ | 柿色 »

2016年11月22日 (火)

ベランダの怪事件

今朝、ふとベランダを見たら、金魚が鉢から飛び出している!ゆずロスのうえに、さいごの一匹の金魚まで…と近づいたら、微かに尾びれが動いた。おそるおそる鉢に入れてみたら、小さなあぶくを一つ、もう一つ吐きながら沈んでゆく。しばらく鰓だけが動いて、それからゆるゆる泳ぎはじめた。奇跡の生還!九死に一生スペシャル!(涙)

一ついいですか…。これまでに同様に死亡した3匹も、鉢からすこし離れた位置でした。しかも旅行中。私が迂闊でした。しかし、妙ですねー。ベランダにいちばんよく来るのはスズメです。気になりますねー、あの小さなくちばしで金魚が捕れますか?では犯人は、ハト?ヒヨドリ?カラス?…わかりませんよ、ええわかりません。特命係、左京です。で、…明日の相棒は、徳永政二さんの息子さんの脚本です。

« のようなものが時間を流れてゆく | トップページ | 柿色 »

コメント

桐子さま
お早うございます。
金魚の飛び出しの件ですが拙宅でもありました。
裏庭で手あぶりにいますが、猫かしら、小鳥かしらと思っていました。
聞くところでは、水が多すぎか、発情期で追いかけまわされて・・・・などが原因らしいです。わたし、雨降りは傘をさし掛けてたりして
、バカですね。今は廊下から目が届く屋根の下で元気です。それと10度以下には冬眠するんですってね!

彰子さま
おはようございます。
あらま、鳥は濡れ衣ですか…。
あわててうちの中に入れたのですが、
昨日から底でじっとしています。
ショック状態なのかしらと心配していたのですが
寒くてねむっているのかもしれませんね。
鳥を逆恨みしなくて済みました。
ありがとうございました!!


よく相棒をみている夫に言うと、
他にはない展開(時系列の表現等々)がおもしろいそうです。

そうそう、知的な構成と、情の沁みるものがたり…。
今夜もたのしみです。


恋(鯉)は、とんでもない冒険をしますが、金魚はおとなしくしているものですがねえ。ましてや、一匹では喧嘩して家出もできないし・・?
でも、生還してハッピーでした。
うちの水槽では泥鰌が飛び出て五寸釘のようになって干乾びていたことがあります。  合掌

泥鰌ですか?飛び出すんですか?
どんな生き物も、冒険本能があるんですね。
あれから金魚は冬眠に入ったのか、
草の影にすっこんで出てきません。
いつか、恩返ししてくれないでしょうか?
金魚なんで竜宮城はムリでも、天然温泉竜宮とか(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« のようなものが時間を流れてゆく | トップページ | 柿色 »

無料ブログはココログ