« 【再掲】時実新子の一句 | トップページ | うさこちゃん »

2017年2月16日 (木)

小ネタ

宝くじ100万円当選した知人から、ミックスナッツをもらった。イタリア産白トリュフ、フランス産ゲランドの塩、エキストラヴァージンオリーブオイルで味付けされた贅沢な一品。なんでも、ヨーロッパファーストクラス日帰りやー!と意気込んだものの、100万じゃ全然足りなくて、100万てそんなもんかとなって、姪っ子の結婚祝いに50万ぽんと渡し、残りで高級おつまみやらを大人買いしたそうだ。100万では人生狂わんな…と、ナッツをぽりぽり。高級すぎて、美味しいのかどうかよく分からない。きっとおいしいんだと思う。

ジムの休憩スペースで、おばちゃんたちから「この人センス悪いなあ」「似合ってないなあ」とdisられていたのは某防衛大臣。見た目なんてどうでもいい話なのだけど、彼女の髪型、メイク、ファッションは女性に不評らしい。何となく気になって画像検索してしまった。たぶんご本人は知的でかわいいを目指しているのだと思う。なんだろなあ…AVの女教師路線寄りな気がする。

« 【再掲】時実新子の一句 | トップページ | うさこちゃん »

コメント

 あらあらあらあら!
 私の知人(元生徒さん)は、1千万円が当たったことを周囲に漏らしたばかりに、知人友人や親戚にさんざんたかられ(苦笑)、最初から取り分けていた100万円を残して、3か月で900万円を使い切ったそうです。
 その後、100万円をつぎ込んで1億円の前後賞も含めて3億円をゲット!(驚) 前回の反省から、周囲の人には一切口外しなかったそうですが、本当は自慢したくてしかたがなかったらしく(爆)、よそから来た講師(私)に「平日午後に講座に来られるのは、自営業をなさっているからですか?」と尋ねられて、喜び勇んでいきさつを話してくれました。
 宝くじで億万長者になった人と遭遇したのは、後にも先にもありません。
 桐子さんのお知り合いも、もうちょっと知恵をひねれば、豪華客船世界一周の旅(ピースボトではない旅でも、安ければ3千万円台で行けるそうです)が可能だったのにねー(笑)。

ひゃ〜!
100万円でもほんとうに当る人がいるんだ!と驚いたのに、1000万!3億!
100万円つぎ込むところが、すごいですね。

もし100万円当ったらって考えました。
2000年に、「現代川柳の精鋭たち」という素晴らしいアンソロジーが出ていて、
その2020年版を、スポンサーになってどなたかに編んでもらおうと思いました。
私は川柳のために、つぎ込みます(笑)
まず、宝くじを買わねば!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【再掲】時実新子の一句 | トップページ | うさこちゃん »

無料ブログはココログ