« 桐の花めったに笑わない姉が | トップページ | 知っている痛みのように剥くバナナ »

2017年5月29日 (月)

ゆずの柚子の木

近ごろ、ゆず(去年死んだ犬)の夢をよく見る。
夕べは、ゆずを病院に迎えに行った夢。目が見えなくなったゆずが、ゴーグルみたいな眼鏡をしていた。よく似合っていてかわいかった。でも縁が青色で、ゆずは赤の方が似合うはずとおもう…。ゆず、よく見えるの?と聞いたら、うれしそうな顔をするが立ち上がらない。よく見たら、四肢の第2関節から先がない。あ、そうか、そうだったねと抱き上げる(なぜ納得したのかは分からない)。ゆずの重み。毛の感触。におい…。目が覚めても、すこし残っていた。

樹木葬にしたゆずの柚子の木にちいさな花が咲いて、いまはたまごボーロくらいの青い実がなっている。

« 桐の花めったに笑わない姉が | トップページ | 知っている痛みのように剥くバナナ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桐の花めったに笑わない姉が | トップページ | 知っている痛みのように剥くバナナ »

無料ブログはココログ