« フェアリー | トップページ | びゅーてぃふるさんでー »

2017年5月12日 (金)

信心やから九条葱のぬるぬる

京都番傘句会「信じる」軸吟。

一年ぶりに京番さんへ。去年は、電車の人身事故で焦ったので、早めに家を出る。
十三駅から女性専用車両に乗ったら、おじさんも乗込んできた。車掌さんが「ここは女性専用車両なのでご協力ください」とお願いしたところ、「そんな決まりはないはずや!」「何を間違ったこと言うてるねん!」「阪急電車は恥を知れ!」とえらい剣幕で怒鳴る。年かさの車掌さんもやってきて宥めるも、「こんなんで電車遅らして、どないしてくれるねん!」と押し問答。ユナイテッド航空みたいになるのか?と、車両内は緊張と期待(?)が高まる。私の前の親子は、スマホを向けて撮影体制。
5分ほど押し問答して、おじさんはボックス席に座り、車掌が2人横に立ったまま電車は発車した。するとなぜか隣の車両から若いお兄ちゃんがやってきて、「おっさん、マナー違反や」と言ったからたいへん。「だれがおっさんやねん!」「俺はマナーなんか知らん!」と、また始まった。前の親子は再び撮影。
次の淡路駅に着いたら、なんと駅員さんが5人もホームに待機。お兄ちゃんはさっさと降りて、おじさんも「もうええ、もうええ、そないようさん来んでもええ」とか何とか言いながら、さいごに「男も乗ってええて、ちゃんと書いとけ!」と捨て台詞を吐いて降りた。
前にも同種のおじさんを見たことがある。もう少し、冷静でねちっこかった。女性専用ということに意義を唱えたいのかなぁ?

さて、せっかく京番さんへ行くのだから、伝統川柳を出そうと思って出かけた。私の思う伝統川柳を書いてみたけど、やっぱり付け焼き刃は通用しません。

  二段階右折で悪魔去ってゆく

「悪魔」という題があった。さっき怒鳴りちらしたおじさんは、駅でバイクに乗り換える。ちゃんとヘルメット被って、二段階右折して…。そんな気がした。

« フェアリー | トップページ | びゅーてぃふるさんでー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フェアリー | トップページ | びゅーてぃふるさんでー »

無料ブログはココログ