« 知っている痛みのように剥くバナナ | トップページ | 下駄の落しもの »

2017年6月 2日 (金)

その手がしなかったかもしれないこと

ねじまき句会、雑詠。

きのう、近所の美容院の軒先のライトにツバメの巣を見つけた。今の家に住んで十年になるのに、知らなかったなあ 。大きめのお茶碗くらいのちっちゃい巣。いかにも都市部のツバメって感じ。親鳥(たぶん)も小ぶりで、なんとなく頼りなさ気。
夜は、竜巻注意報が出て暴風雨になって、「ちょっとツバメ見てくる」と言ったら、「ぜったい桐ちゃんの方が危ない!ツバメを見に出かけた老女を風に飛ばされた看板が直撃って、明日のニュースになる」と止められた。老女って〜〜?!
今朝、見たら無事だった。よかった、よかった。しばらくは、ツバメ経由で出かける。

« 知っている痛みのように剥くバナナ | トップページ | 下駄の落しもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 知っている痛みのように剥くバナナ | トップページ | 下駄の落しもの »

無料ブログはココログ