« 人生のかがやき | トップページ | 電池残量チェッカーの針振れて蝉 »

2017年7月18日 (火)

隙間なく触れ合っている海と闇

うみの会、兼題「海」。

神戸であたらしい句会がスタートしました。

神戸港開港150年の海の日、「うみの会」は「読み」の句会です。
きっかけは、またしても酒の勢い。樋口由紀子さん、妹尾凛さんと、神戸新聞のHさんと川柳とは別件で集まった折、当然、川柳の話にもなり、そのときはすでにかなりジョッキをあけており、クイーン・エリザベス号くらい気が大きくなっており、やっぱり句会!、そうだ、句会!日本一怖い句会!それだー!と意気投合。そして、かなり大雑把な三人は、メールのやりとりだけで開催日を迎えたのでした。
歌人1名、俳人2名を含む14名。選も意見も大いに分かれて、刺激的だった。
印象に残ったことはまた後日書くとして、私の句はどうも俳人好みであるらしい…。

« 人生のかがやき | トップページ | 電池残量チェッカーの針振れて蝉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生のかがやき | トップページ | 電池残量チェッカーの針振れて蝉 »

無料ブログはココログ