« ポラロイドの海へまぶた重くおもく | トップページ | 虫武一俊歌集「羽虫群」批評会 »

2017年7月28日 (金)

曇天ずるずるたぐりたぐり八つ手

先日、「手相観」なるものを体験。

両手を差し出すや、「まあ、なんて若い手!たましい年齢は22歳です」と言われた。若いと言われて反射的によろこんでしまったが、よ〜く考えたら未熟ってことではないか。
たましい年齢的には娘の方がずっと大人で、母娘が逆転しているらしいのも、やや心当たりがあって複雑。
あれからというもの、人を見るとたましい年齢はいくつだろうか?と見積もってしまう。ちなみに、たましい年齢最年少は、新庄剛志6歳。最高齢は、藤井聡太四段106歳。

庭の隅の八つ手のところが、ほの暗い。八つ手のたましい年齢も魔女なみ。百日紅は一生更年期だし、ゆずは幼児。

« ポラロイドの海へまぶた重くおもく | トップページ | 虫武一俊歌集「羽虫群」批評会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポラロイドの海へまぶた重くおもく | トップページ | 虫武一俊歌集「羽虫群」批評会 »

無料ブログはココログ