« 片陰のすっとからだに戻る影 | トップページ | 花火のあとの空がゆるんでいる »

2017年8月 4日 (金)

如何に

『現代美術はアイデアを競っているけれど、まだまだ絵画がやれてないことは無限にある。アイデアや主題や様式ではないものだ。それは絵画を通して「如何に生きるか?」だと思う』横尾忠則
昨日、川柳の持ち味について聞いた話と通じる気がする。

今朝、自転車に乗ったおじさんとのすれ違いざま、おじさんの声が妙にはっきり聞こえた。「それは、俺のイメージが……」。思わず振り返った。カールおじさんのような麦わら帽子に、白いクレープ地のシャツ。首筋が焦げている。夏の俺、なのか。

« 片陰のすっとからだに戻る影 | トップページ | 花火のあとの空がゆるんでいる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 片陰のすっとからだに戻る影 | トップページ | 花火のあとの空がゆるんでいる »

無料ブログはココログ