« おかじょうき 2018、4・5月号 | トップページ | 二三本猫の毛ついている答え »

2018年5月24日 (木)

強引に喉を通ってゆく五月

つづきの会、雑詠。

夕べは、川柳を書く予定だったのに、日大の会見に見入ってしまった。当事者の方々にとっては笑いごとじゃないと思うけれど、司会者の破壊力が強烈。殺人タックルなみの勢いで会見を潰していた。元監督とコーチは、「ちょっと何言ってるか分からない」日本語。そりゃ〜きちんと伝わらないよねと納得した。ジムでも、教えるのが上手な先生は、語彙が豊富で、からだの動かし方の比喩とかが巧み。ことばって、ほんと大事。

« おかじょうき 2018、4・5月号 | トップページ | 二三本猫の毛ついている答え »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おかじょうき 2018、4・5月号 | トップページ | 二三本猫の毛ついている答え »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ