« 村中の雨の空家を聴かないか | トップページ | 昼前の為替と獺の動き »

2018年6月22日 (金)

ほれ握り潰せトマトの祝祭じゃ

つづきの会、雑詠。

昨日は、つづきの会の会場予約をする当番だった。使用料金が安いので、人気の高い施設。受付開始日の9時30分の先着順に整理券をとり、まず整理券番号順に受付順の予備抽選、抽選番号順に予約手続きという、公平性に配慮されたいかにもお役所なシステムだ。

整理券をとらねばならぬ…と朝からバタバタしていたら、ファックスが流れてきた。おじいちゃんのN会計事務所から、えっ…?遺言書の書き換えの確認…見たくない…けど、見てしまった。まあ、薄々は知ってたけど、げ〜〜〜っ!と声が出てしまった。
おじいちゃんの税理士さんは、関西の大物お笑い芸人も顧客に持つ、なかなかのやり手。ところが、二年前から手伝いはじめた息子さんは、稀にみるポンコツ。おじいちゃんへの電話を何度もうちにかけてくる。前回も、「前にも申し上げたと思うのですが、この番号は父の家の番号ではなくてですね…」と言ったのに、うちに送ってきたのだ。
青も、「それ間違えたらヤバくない…」と呆れる。「そういえば、おばあちゃんが、N事務所の息子さん、青ちゃんの(結婚)相手にどうや?って言ってた」「イヤだ!」「いや、桐ちゃんの相手ちゃうし(笑)」って。信じられん!誰でもいいのか。

まあまあまあそれはそれとして、おじいちゃんに電話。今から取りにくると言う。私は今からこれこれで…と説明したら、「今どき、わざわざ行かなとれんのか」って、ええ、ええ行かずに予約できるならそうしますとも。「お役所ですから」と、元公務員のおじいちゃんに嫌みを返しておく。「昼には帰ってるやろ、昼に行く」って、年寄りはどうしてこうも気が急くのか…と思いつつ、急いでいるのでOKして家を出た。バタバタしたせいで、スマホを忘れて取り戻る。そんなこんなで、電車2本も出遅れてしまった。

整理券には間に合わないけれど、ここ3回は朝一番でなくても大丈夫そうだったので、まったく心配していなかった。が、「その日は、全部詰まりました」。ガーーーン。すぐにM子さんに連絡したら、何とかなるから、せっかく来たのだしランチでもいかが?と言ってくださる。ほんと、そうしたい。ビールの2、3本飲むべきところだ。おじいちゃんめーー、あのポンコツめーーと、電車に飛び乗る。

電車に乗ってから、よーく考えたら、おじいちゃんちにファックスを転送すればよかったと気付く。たぶん字が潰れて読めないと思うけど、時間稼ぎはできたはず。というか、ポンコツに、送り直してもらえばいいだけじゃん!!!ポンコツは、この私じゃん!!!ガーーーン!!!
とにかく、つづきの会の皆さまには、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

« 村中の雨の空家を聴かないか | トップページ | 昼前の為替と獺の動き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 村中の雨の空家を聴かないか | トップページ | 昼前の為替と獺の動き »

無料ブログはココログ