« 雨への備え | トップページ | ことば »

2018年9月 7日 (金)

あかり

台風21号、大型で暴風に注意とあれほど言われた。一応、ベランダのモロモロは隅に集めておいた。21号にすれば、なめとんか〜だったのだろう。ぜんぶまとめて、ベランダを右へ左へ投げ飛ばす。植木鉢の土がベランダ中にまき散らされ、ちりとりが割れて飛ぶ。板切れや得体の知れないものも、空を舞っていた。

2時半ごろに、停電。停電なんて3時間ほどで復旧するよね〜と、うちら陽気なボケボケ母娘。  昼寝して、日暮れて起きたらさあ大変。懐中電灯は電池切れだった。
待てど暮らせど電気はこない。アロマキャンドルを灯して、冷凍チキンライスを炒め、オムライスに。ネットで調べると、ツナ缶にこよりをさして簡易ランプができるとある。ツナ缶をさがすも、こんなときに限ってカニばかり。
雨もあがったので、食後は乾電池をさがしに出る。3軒めのコンビニがやっとあいていたが、当然売り切れ。お弁当もパンも、見事にからっぽ。飲食店の入ったペンシルビルの前には、消防車が2台と救急車が到着。新店オープン前のママが様子を見に来て、自動シャッターに閉じ込められたらしい。ヤジ馬の一人が言うには、あまりの暑さにママは裸で、脱水症状で救急要請したとか。男性たちの首が、3センチほど伸びる。
一晩中、緊急車両のサイレンが鳴り止まない。

一夜明け、家にいても何もできないし、テレビもラジオもなく情報が入らないのでジムへ。さすがに、人が少ない。
うちの家は水が出たけれど、近隣のマンションは水も出ないうえに、オール電化で調理もできないところが多い。隣りの家の瓦で窓が割れたとか、室外機が飛んだとか…日ごろ話したことのない人からも被害状況を聞いた。
午後は、図書館へ。帰りにカフェでスマホの充電をしようと思っていたら、図書館に充電コーナーが用意されていた。こういうサービスは、ありがたい。順番を待つうちに、新しく増設もしてくれた。すると母親と中学生、小学生の親子がやってきて、スマホ3台に、予備バッテリー、携帯用扇風機、ゲーム機やらだだだーっと差し込んで、あっと言う間に独占した。気持ちは分かるけど…。
昨日で少しは学習したので、明るいうちにベランダを掃除。土鍋でご飯を炊いて、ほうれん草炒めも作る。冷蔵庫は、とにかく開けないようにして、危ないものを冷凍室に移す。
夜、ジムのシャワーを使いに行く。

停電3日め。さすがに冷凍食品も溶けていた。ゴミの日なので、ええいっと全部捨てる。非常時に人はよくことばを交わす。そして、誰もが少しやさしくて、震災のときを思い出す。おとなりの人と、「夕べは、土鍋でご飯炊いて、レトルトカレー」「毎日、キャンプみたいやね〜」「ほんまそれ、したことないけど」……なるべく、笑う。
北海道で大きな地震。ジムのウォーキングマシンにテレビがついていたのを思い出し、またジムへ。痛ましいニュースに胸が痛む。おかじょうき、水脈の皆さんはだいじょうぶなのだろうか…?
夜は、さすがにそろそろ明るいところでご飯食べたいと青が言うので、近所の焼き鳥屋さんへ。帰りに、自宅への角を曲がって明かりが見えたとき、うれしさがこみ上げた。エレベーターに乗り合わせた人みんなで、しんどかったですね〜と労い合う。サラリーマン風の男性が、「金魚が二匹死んだんです。ポンプが切れて…」、はじめて言えたみたいに言って、言い終えても指をちょきにしたままだった。

災害がつづき、全国各地で辛い思いをしている人がいる。一日も早く、平穏なくらしが戻りますように…。これ以上、災害のつづきませんように…。ただ祈るばかり。

« 雨への備え | トップページ | ことば »

コメント

桐子さん、こんにちは。
台風21号の後遺症、大変でしたね。
私も震災の時に、反射式のストーブで煮物作ったりしたのを
思い出しました。
桐子さんの記述にしみじみとしながらうなづくことばかりです。
笑顔、だよね。
本当にこれ以上災害がありませんようにと、心から祈りましょう!

水脈の一戸涼子です。
6日未明の地震、ここ江別は震度5強。初めて経験した怖さでしたが、我が家は棚から物が落ちたくらいですみました。昨夜まで続いた停電と一日水が出なかったのには参りましたが、ニュースではもっともっと大変なことになっている所もあるようで胸が痛みます。ホントに今年の日本列島、どうなっちゃったのでしょう…
桐子さんの台風始末記?笑いながら読ませてもらいました。私は2日間電気無しの冷凍庫の中の、味付きジンギスカンを夕飯に食べましたよ。アイスその他もそのまま、また凍らしました。あ、つい長々と。ごめんください。

かなえさん
笑える程度の大変さでしたが、いろいろ考えさせられました。
生活もさることながら、仕事もパソコンがないとできないんです。
最終チェックして送るだけの原稿が2本あったのですが、
それがどうにもならない…。
そういう危機管理も必要だなあと思いました。

ほんとうの闇で聴く虫の声がうつくしくて…
  虫しきり ここが入口かもしれぬ
松田俊彦さんの川柳を思い出しました。
川柳は何の役にも立たないと思っていましたが、
ちょっと見直しました。
なので、川柳もがんばりましょう。

一戸涼子さま
ご無事で、何よりでした!!
震度5、こわい思いをされましたね…。

食べ物は捨てられませんね〜。
ダメになりそうな順に、片っ端からものすごく頑張って食べました。
なんだか太った気がします。

地球が何かを訴えているのでしょうね。
もっとシンプルに暮さなければ…と思ったことです。

北海道は計画停電とか言われていますね。
一日も早く、平穏なくらしに戻れますようお祈りしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨への備え | トップページ | ことば »

無料ブログはココログ