« とまらない水寝転ぶと見える耳 | トップページ | きつね »

2018年10月 1日 (月)

あおぞら

舞台や映画、コンサートのあとに、軽く感想を言い合うのが好き。これ、おいしいねとか、火の通り加減抜群…とかいいながら、いっしょにご飯を食べるのと似ているかもしれない。そんな感じのカジュアルな句集批評会があってもいいなと、前から思っていた。

さて、「杜人」誌が届いてびっくり! 『「hibi」をどう読んだ?』は、 妹尾凛さん(川柳人)、谷じゃこさん(歌人)、中山奈々さん(俳人)による鼎談の句集評。こちらはガチの批評会だけれど、他ジャンルの若手の方々を交えた新しいスタイル。それぞれの読みが新鮮で、川柳と、俳句、短歌との違いにも触れられたりしていておもしろかった!

夜、水、鳥、からだパーツの多さは自覚していたけれど、中でも足フェチは気づいてなかった。川柳をやめている、ジャンルにとらわれないことばのせかい。白、薄墨、薄闇、モノクロの世界…などは、言われてみればそうかも。
「屈折」ということばが4回も出てきたり、からだパーツが多い割に、自分のからだを信用していないふしがあるとか、攻撃力、言うことは言うとか……いやもう、句集ってこわい、こわい!

正直言うと、句集って読まれるのかしら?と疑ってました。今回のように、ありがたい体験を重ねながら、句集を出すことの意味についても変化しつつあります。どうすれば意味のあることにできるかも、すこし見えてきました。なので、やっぱり出してよかったと今は思っています。台風一過の青空のように、ありがとう一色です。

さて、杜人の鼎談を読んだ方から、新しい感想もいただいたりしてますが、うちの毒舌あおの感想。「桐ちゃんののびしろが感じられた。よかったな〜」って、どんな上からなん。

« とまらない水寝転ぶと見える耳 | トップページ | きつね »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とまらない水寝転ぶと見える耳 | トップページ | きつね »

無料ブログはココログ