« 性別をまだ決めかねている砂丘 | トップページ | オーロラの旅1 »

2019年2月 3日 (日)

星一つ入れて鳴り止まない眼

川柳スパイラル句会、雑詠。

洗濯物を干していたら、近所から玉葱を炒める匂いが流れてきた。カレー用?飴色になるまでじっくり火を通すのは、日曜日の朝の余裕かな。今日はすることがいっぱいと思っていたこころが、すこしゆるむ。
明日から、ちょっと遠出をする(篤子さ〜ん、ついに行きますよ〜)。インフルエンザがこわくて、この半月ほどは半分引きこもっていた。予防接種を受けそびれてしまったのだ。ジムも接骨院も行かず、絶対に外せないないところだけ、マスクで外出。外から帰ると、Vシネばりに「胃酸に沈めたろかコラ」と、緑茶を急須一杯飲んでウイルス撃退。
それでも、インフルはじりじり迫りくる。句会でごいっしょした人、青の職場のボス、インターンさん、……。潜伏期間を指折り数え、今発症したら間に合うと計算する日々。何とか持ちこたえた(はず)。

それでは、夜空をいっぱい見上げてきま〜す!

« 性別をまだ決めかねている砂丘 | トップページ | オーロラの旅1 »

コメント

先月末、インフルA型と言われた。意地悪の医者で「熱も喉も何ともないインフル、良かったね」と言われた。予防注射してたからか、簡単に治ったがお蔭で市民病院の検診予定日変更になった。
インフルと言われて見えた滝の底

帰国が1日遅れて、夕べやっと帰ってきました。

インフルでしたか…。予防注射をしていても罹るんですもんね。
それにしても、滝の底はいいですね。
川柳人は、どんな経験もおもしろがれるのがすばらしいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 性別をまだ決めかねている砂丘 | トップページ | オーロラの旅1 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ