« 平成最後のお花見 | トップページ | 声と水音 »

2019年4月 9日 (火)

美味しい店

今日は、某所の通信発送作業のお手伝いへ。封筒にラベル宛名ラベルを貼る。7種類の印刷物をセット。封筒に入れる。のり付けして封をする。約900部を2.5人で仕上げる。ベテランさん、早い、早い。コツを教えてもらったけど、5分の1くらいしかできない。紙で手は切るし、封筒は破るし。ポンコツな私。1日があっという間に過ぎた。

労働したので、青と飲みに行く。昭和感のにじむお寿司屋さんに入ったら、客はおらず老夫婦がテレビで野球観戦中だった。
店の設えから、什器すべて、見れば見るほど年季がはいっている。青が金庫と間違えたのは、氷の冷蔵庫。いつからやっているのか聞くとこの5月で55年という。「えっ?大将はおいくつですか?」「89歳」「えっ?お母さんはおいくつですか?「ちょっと下」。すごい、すごい、すご〜〜〜い。お母さん、髪をきれいにアップして、着物に割烹着。お肌もつややか。大将は手元がちょっとドリフのコント入ってるから、カウンターに置いた寿司が倒れてご飯とさしみになるときあるけど、ご愛嬌、ご愛嬌。焼き穴子や蒸し穴子は、大将が小皿に乗せてパス、お母さんがさっと炙ったのを握ってくれる。
盆と正月とGWの数日以外、ほとんど休まずに店をつづけてこられたのだとか。「2月に(大将が)帯状疱疹してまだ治りきってないんやけどね」って。きっと、お店してた方がからだにいいんだろうな。宣伝したいけど、お客さんが殺到して、大将がまた帯状疱疹になってもいけないので名前は伏せます。行きたい方は、個人的に聞いてくださいね。神戸です。お会計も良心的です。ぜひ、行ってみてほしいです。「また来るので元気でいてくださいね」と言うと、「はい、生きとく〜!」。お母さん、素敵すぎる。
料理の美味しさが、味だけじゃないことを教えてくれる店です。(美味しくないわけじゃないですよ!笑)ほんと、感動したもの。

« 平成最後のお花見 | トップページ | 声と水音 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成最後のお花見 | トップページ | 声と水音 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ