« 病室を船の時間と名付け | トップページ | どこで切ってもほつれない日々 »

2019年5月 7日 (火)

明け方のガスタンクより、よりもか

川柳スパイラル句会、雑詠。
hibi句評会にご参加くださいました皆さま、ほんとうにありがとうございました。一生懸命メモしたご意見、ご感想をゆっくり読み返したうえで、自分でも句集を読み直したいと思っています。

怒濤の連休は、句会にはじまり、家族でバーベキューし、トークショーに行き、豆を収穫し、hibi句評会句会、文フリ…。その間に、4月末の〆切を連休明けに延ばしてもらって、まだ書けていないのに、連休テンションで(?)気づいたら新たな原稿を引き受けていた。
私が名前に一文字もらっているおじいちゃんには、近所が火事になったとき臨月のおばあちゃんを背負い、手には金庫を持って家を飛びだしたという、大好きな逸話がある。おじいちゃん、私にも火事場の力を……と、空を仰ぐ。

そんなわけで、メールのお返事、約束のブツ、原稿……しばしお待ちを……。おじちゃん、頼むでほんまに。

« 病室を船の時間と名付け | トップページ | どこで切ってもほつれない日々 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 病室を船の時間と名付け | トップページ | どこで切ってもほつれない日々 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ