« ひび | トップページ | 侘助はカウントダウンなどしない »

2019年7月14日 (日)

会う

某日、「葉ね文庫」で、歌人の染野太朗さんをお見かけする。何となく、袴姿で和傘の上で毬や枡を回される感じの方をイメージしていたら、実にしゅっとした方だった。何となくて、名前のイメージでしかない。おそるおそる誕生日が同じことをお伝えすると、「ほんまですか〜」と同じ誕生日の有名人を教えてくださる。名前のあがるたび、店主池上さんが絶妙なツッコミを入れてくれる。「蛭子さん」「天才や〜」、「江戸川乱歩」「おお〜」、「五月みどり」「微妙なんでてきた」……。店を出られてから、わざわざ戻ってきて挨拶をしてくださった。同じ誕生日でうれしい。

某日、今年はじめにおつれあいを亡くされたおばあさまにお会いする。息子さんがプレゼントしてくれたルンバに亡き夫の名前をつけて、毎朝「カズオさんお願いね」と部屋をきれいにしてもらうのだとか。カズオさんは部屋の隅へ行くと、舌をしゅるっと出して角っこの埃もきれいにかき集めてくれるらしい。私もカズオさんがほしいけれど、その前に床を片づけないといけない。

某日、「白ブリーフ被害者の会」会長、副会長に久しぶりに再会する。会のことを知らない人もいて、会長が設立に至った被害状況について、白ブリのポケット状のところに溜まる洗濯ゴミを、「君はどうして、ここに溜まるゴミをとらないんだ!」と叱責されたことなど語り、大笑いする。難儀なことほど笑い飛ばすという、すばらしいメンバーとの出会いにあらためて感謝した。

某日、卒寿(90歳)のおじいさまとごいっしょする。杖なし、補聴器なしでとてもお元気なご様子。「認知症でひきこもり、もうすぐ大事件起こしますよ」などと、ユーモアもたっぷり。まだ運転もなさると言う。「家族が、児童の列に突っ込む前にやめてと言うんですけどね、児童の列なんかないとこを走ってますから」とおっしゃる。さすがにこれは笑えない。説得できず、心残りだ。

某七夕の日、待ち合わせに指定されたのは、「星乃珈琲」。メニューを開くと、「星乃珈琲」「彦星珈琲」「織姫珈琲」とある。なんと素敵な心配り!と、ご本人に伝えたら「え、偶然です」。正直さもまた好ましい。

作句ウィークが過ぎて、ここからは選句ウイークへ。さて、どんな句と出会えるか…たのしみ!

« ひび | トップページ | 侘助はカウントダウンなどしない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひび | トップページ | 侘助はカウントダウンなどしない »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ