« 抜け殻 | トップページ | 菩提樹の香るこころがゆきわたる »

2019年7月30日 (火)

兄嫁の力まかせに腐る桃

つづきの会、雑詠。

息子のつれあいが不調で、ご飯を届けたり、Aちゃん(孫)を預かったりしている。Aちゃん2歳、イヤイヤ期真っただ中。Aちゃんは、イヤではなく「チガウ〜」という。それじゃないと。さらに、意思が通らないとみると、「イタイ〜!」「コワイ〜!」と大泣き。いやいや、なにもしてないよと、慌てる。2歳って、こんなんだっけ?へとへと。
8月から保育所に入所できることになり、面接にも付き添った。保育所では、「おしるし」と言って自分のマークのシールで、持ち物や靴箱、ロッカーを判別できるようにする。いちごやお星さまなど10種類のシールから、どれがいいですか?と差し出される。「なすび」。しぶい。なすびでいいの?と念を押される。「なすび」。よく見たら、なすびはころんとキュートだ。お母さん、なすびでいいですか?母親にも確認する。「じゃあ、ひまわりで」。なすびでええやん、おもしろいやんと思ったけど、黙っておく。お昼ね用キルトパットにバスタオル、それらをひとまとめにするカバン。口拭きタオル、それを終うタッパー。食事エプロンはタオルにゴムを通したもの。手ふきタオルは、引っ掛ける紐をつけて……。大きさや仕様の指定が細かい。こんなんだっけ?園をでたところで、「うち、ミシンないんで」とお願いされてしまった。

青を保育所に預けたときのことを思い出していた。市で週に3日の一時保育がはじまったばかりのときだった。同居していた夫の母と祖母からは大反対されたけど、少しでも仕事がしたかった。青は、毎日泣いた。納得できないと前にすすめない性格のまま、泣きつづけた。家を出るときから泣く。朝、泣く青を自転車に乗せていたら、立ちはだかった夫の母から「あんた、ほんまに鬼やな!」と怒鳴られた。無言で門をすり抜けて、保育所までの上り坂を、私も泣きながら自転車を漕いだ。何日めだったか、園長先生からは、来る日と来ない日のある一時保育は、そもそも子どもによくない。泣きすぎて他の子も不安にさせるのでもう預かれないと言われた。仕事をしたい親はどうすればいいんですか?と訊くと、「子どもが健康じゃなければ、どうせ仕事どころじゃなくなりますよ」と言われた。それから、一時保育がよくないならとフルタイムに切り替えたことで、夫の母は激高。橋田壽賀子な日々がつづいた。ようやったなあ……と、しみじみ笑えた。



« 抜け殻 | トップページ | 菩提樹の香るこころがゆきわたる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 抜け殻 | トップページ | 菩提樹の香るこころがゆきわたる »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ