« 虚構 | トップページ | 神無月 »

2019年9月19日 (木)

ぎりぎりやもやもやや

某日、「明日、締切ですが大丈夫ですか?」のメール。もしかして、私以外の人は原稿が出そろったのだろうか?と焦る。未発表10句。少し前に、未発表15句を出したばかりでストックがない。「なんとかかき集めて、明日にはそろえますので…」と返信。誘拐犯から身代金要求されているような心持ちで、句帳やフォルダーを開いて振ってみる。惜しい句に手を入れたり、なんやかんやしてぎりぎりに提出。

某日、新聞の選句。2ヶ月前、投句はがきに「ここ1〜2年投句してるんですが、一度も入選したことがありません。どこがどういけないのか聞きたいです!!」というコメントがあった。たまたまその月を含めて3ヶ月分の投句はがきを保管していたので、その方のはがきを探し出した。同想・類想を抜けることと、ものごとの説明をしないことの2点、例句もあげてお返事を差し上げた。はたして先月も今月も、投句がない。

某日、廃ビル、廃屋で大型インスタレーションを展示するグレゴール・シュナイダー氏のお話を聴く。シュナイダー氏の作品には、複製、二重といった手法がよく使われる。それについて「どういう意図があるのか?」という質問に、「理由なくやっている。理由があったらやっていない」と言われた。受け手に対して狙わないということは、やはり大事なことだ。

某日、青のかかっている歯医者さんがいいというので行ってみた。診察椅子の前にモニターがあって字幕映画が流れている。青はいつも洋画の青春ものだと言う。私は時代劇だった。患者に合わせているのか?椅子を起こされた時は、つい観てしまう。女郎屋で、遊女がこころ惹かれた客を追っ手から逃してやろうとする。敵が踏み込んで来た。椅子を倒される。遊女が敵に捕まって、首元に刀を突きつけられる。椅子が倒される。ものすごくもやもやするのだった。

某日、ねじまき句会。ゲストは、俳人の西原天気さん。「川柳人はわからない句を書く割に、人の句はわかろうとするんですね」。たしかに、解釈しよう、鑑賞しようとしすぎるきらいがある。名古屋はまだ暑かったけれど、句会にはあたらしい風が通り抜けて気持ちよかった。

« 虚構 | トップページ | 神無月 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 虚構 | トップページ | 神無月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ