« 「蛾」のガだけ舌にヽヽこぼれる常に | トップページ

2019年12月30日 (月)

極月の月はうすめた酢で磨く

どうもどうもお久しぶりです。
年の瀬に、ブログのことも振り返ってみました。2007年の9月から書き始めたので、かれこれ12年、干支一回りです。うち、10年は割と精勤に書いていたのですが、昨年あたりから3日に1回になり、週1になり、ついに月1になってしまいました。
12年前はというとmixiやブログの全盛期。その後、facebook、twitter、Instagram、noteなどへ分散していきました。川柳人のブログは、どこかへ移行するのではなく、やめてしまった方が多いような……。続けているとどうしてもマンネリになるのが、難しいところです。
私もこのままだらだら続けるのもどうかと思い、心機一転ブログの引越しをしてみることにいたしました。
どんなことを書くのかまだ何も考えていないのですが、2020年からはnoteに移ります。あと、日常の小ネタはtwitterでつぶやいています。

年末に届いた柳誌のなかで、「杜人」の終刊のお知らせは衝撃でした。決断されるまでのお気持ちを思うと、簡単にさみしいなどとは言えませんがさみしいというか、心細い思いです。
ここ数年、結社や大会、句会がなくなっていくのも、時代の変化なのでしょう。川柳をどこで書いて、どう発表し、どう読み合うかが課題になりそうです。

今年も残すところ、あと1日ですね。
皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。



 

« 「蛾」のガだけ舌にヽヽこぼれる常に | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「蛾」のガだけ舌にヽヽこぼれる常に | トップページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ